ホーム > 厳選逸品 > 静かな高台に建つ歴史的建造物「和光荘」

静かな高台に建つ歴史的建造物「和光荘」

和光荘は近代和風建築を代表する邸宅であり、小樽の酒造会社「北の誉酒造」の二代社長・野口喜一郎の自邸として大正11(1922)年に竣工しました。パリに端を発するアール・デコの幾何学的な装飾を基調とする洋風のデザインと野口の郷里・金沢の伝統的な建築技術を取り入れた和室などを組み合わせています。5000坪の敷地では、四季折々に草花が咲き誇り一層の情緒を見ることができます。 数多くの方々が、この歴史的建造物の保存・活用を提唱しており、これまで公開される事もありませんでしたが、2015年4月より一般公開を開始し、日本全国から見学に訪れています。 (http://atora50.com/pickup/entry/280/)

施設名 和光荘
所在地 北海道小樽市潮見台2丁目4−1
HP http://www.otaru-wakousou.com/

TOP